再建2





東日本大震災
  猫80匹たくましく 宮城・石巻の田代島

毎日新聞社


石巻猫80匹
猫たちの様子を見る畠山さん=宮城県石巻市田代島で2011年5月21日、塚本恒撮影

 人口より猫が多い「猫の島」として知られる宮城県石巻市の田代島。東日本大震災の津波で甚大な被害を受けたが、島民に大事にされてきた野良猫たちは地震や津波に負けず、たくましく生き延びていた。

 田代島は、作家・井上ひさしさんが「ひょっこりひょうたん島」のモデルにしたともされる島の一つ。かつては養蚕が盛んで、猫はネズミよけとして飼われていた。やがて猫が自然繁殖を始めた後も「大漁を招く」として島民に大事にされ続け、島の中心部には「猫神社」も建つ。島民によると、震災前と変わらず約80匹の猫が生き延びたとみられる。

 海岸近くの自宅で野良猫に餌やりをしている畠山和子さん(72)は「地震の時は、私たちよりも逃げるのが早かったくらい」と当時を振り返る。津波が引いてしばらくすると、山の方から猫が下りてくるのが見えた。「きっと猫神社の方へ逃げていたんでしょう」

 心配なのは餌不足。島の仁斗田漁港で漁師の「おこぼれ」にあずかる猫が多かったが、漁港は津波で壊滅的被害を受け、漁業再開のめどは立っていない。猫たちは今は各地から送られたキャットフードを食べているという。

 船や車、カキの養殖設備などを津波で失った阿部頼男さん(73)は「猫に魚を食わせてやりたいが、自分の生活で精いっぱい」。電気や水道も完全には回復しておらず、島に7軒ある民宿は休業中で、観光客受け入れも厳しい。島の復興は猫たちの運命も左右しそうだ。【塚本恒】












Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
http://shinsai.yahoo.jp/

復興にむけいろいろな方々が

頑張っています

日本人が忘れかけていた

思いやりや 優しさが

今 問われているのではないでしょうか

日本人は多々な困難を乗り越えて来たはず

不屈の精神で頑張って下さい
















先日鞍手の天幻龍さんへ

ラーメン
食べに行った時に

うろうろ
しながら行ったのですが

小雨でしたのでRVRでした

まずは家を出て 若松方面へ行って

若松の菖蒲谷池公園キャンプ場を見に行きました

若戸大橋を渡って 住宅街の中を進んで行きます

ナビが無いと私ではたどり着けません

菖蒲看板
帰り際に撮ったので来る時は向こうから下って来る様になります

入り口に看板がありました

看板がないと解りにくいです


細い道を入って行くと

CIMG3591.jpg
私の車を除いて5台の車と2台の原付です 何故?


駐車場
が有ります

んっ? 何台か停まってるけど?

キャンプ場には人っ子一人居ません

何故だろう?と思いましたが

のちに解明しました

CIMG3581.jpg
緑一面のきれいなサイトです

RVR を停めた目の前がサイトでした

左の方に何か小さい立て看板が有ります

近づいてみます

CIMG3596.jpg
ココで打ちっぱなしでもする人がいるのでしょうか?

ゴルフ禁止!ってなんで??

その後ろには管理棟が在ります

CIMG3592.jpg
周囲に金網の柵が在ります

なんか檻の中に管理棟が在るみたいです

そしてサイトの出口には

CIMG3582.jpg
ゴミ置き場でなければ、何なんでしょう?

いかにもゴミ置き場ですが

ここはゴミ捨て場ではありません
って書いてます

かなり厳重に封印されてます

そこの道の真向かいには

CIMG3583.jpg
大の方には紙もちゃんと在りました

結構きれいな水洗トイレがありました

右横に緩やかな階段が在ります 登ってみます

キャンプ場の施設が在りました

CIMG3584.jpg
飲めない水のようです

洗面所

CIMG3585.jpg
左右並んで造られてます

炊事場です  同じ造りですが?

洗面所で炊事禁止なのでしょうか?

炊事場で洗面禁止でしょうか?

後ろには

CIMG3586.jpg
こういう釜戸で煮炊きしてる人あまり見たことないです

7つ程の釜戸がありました 立派です

CIMG3587.jpg
どうやって上に鍋置くのでしょうか?

こちらは5つ程の地べた釜戸です

奥に行くと

CIMG3588.jpg
サイトは2段ありました

ちょうどここからサイトを見下ろせます

そのまま更に奥にいくと

スロープになってて下に降りれます

途中で

CIMG3589.jpg
木製のテーブルとイス使えそうです

木立の中のようなサイトっぽい場所がありました

CIMG3590.jpg
ほんとにツルンツルンでした

この坂道を下ってきました

雨の日はで滑って

とっても危険です ゆっくりしか歩けませんでした

グルリと1周しました

先ほどのゴミ捨て場ではない所と

トイレの間のがキャンプ場のへと

続いてます 行ってみます

CIMG3593.jpg
舗装された道の脇の景色です

とっても自然な感じです

そしてその先には

CIMG3594.jpg
少し晴れ間が出て来ました

おお~若松の景色です

もう少し進むと

菖蒲谷池
が在りました

看板が在ります

菖蒲看板2
北九州市水道局の管轄管理なのですね


この池ではあそんではいけません


遊泳禁止 石投げ禁止 釣り禁止です

しかし3人程の方が釣りしてました

その後 キャンプ場の方に戻り

駐車場に戻って来ました

1台の車から釣り竿を持った人が降りて来ました

そして


CIMG3597.jpg
常連さんの様でした

やっぱ釣りしてます

駐車場の車達は釣り人でした

ここのキャンプ場は家から30分程です

いつでも来れそうです!



























人気ブログランキングへ



dora2.jpg
スポンサーサイト
がんばれ東北


東北 北関東の方々頑張って下さい

タレントのベッキーさんが

beki.jpg

子供達に笑顔を取り戻したい

という願いで

避難所に訪問しておもちゃで一緒に遊んでました

子供達は皆 笑顔でテンションもあがってるようでした

それにつられてか大人達も笑顔がでてました

ベッキーさんは自分が出来る事をやられたのだと

思います 賞賛したいです

ぜひコレからも続けてください




救出や復興などにたずさわっている方々におかれましては 

困難で大変な作業ですが 頑張って下さい

原発が無事に解決されるよう祈っております

絶対 日本は立ち直ると信じています

地震にあわれた皆様どうか頑張ってください

また御亡くなりになられた方々のご冥福を御祈りいたします

ganbare1.jpg
















九重グリーンパーク 泉水キャンプ村のです

5時半頃  花粉症の鼻づまりで目が覚めました

点鼻スプレーをして 2度寝して

7時に二人で起床です

自然の中で目が覚めるのは

の声が聞こえて とても気持ちいいです

まずはテントの前室で

CIMG2760.jpg

目覚めのコーヒーをドリッパーで入れて

ん~ 何故か旨い!


その後テントを出て

タープの中に入ると

おやっ!

CIMG2761.jpg

息子君の椅子の上に燻製卵がコロン!

テーブルの上に置いてあった燻製が

CIMG2762.jpg

ほとんどない!!


辺りを見回すと 私の椅子に

CIMG2763.jpg

どうもネコの足跡らしきものが、、

くっそう~! 

タープのジッパーはきちんと閉めてあったのに

どうやら隙間から侵入して食い散らかして

逃げたようです  

やられた~ 

食材はクーラーの中に入れておくべきでした



燻製はあきらめて

朝風呂に行きました

CIMG2764.jpg

目覚めのお風呂は超ー気持ちいいです

お風呂から戻り

朝食はコンビニおにぎりとポテトサラダ

CIMG2765.jpg

定番 シジミの味噌汁で 昨晩のアルコールを分解

そして 昨日の残りのスパムがおかずです

食後 ふと気づくと 8時です

ここはチェックアウトが10時なので

急いで撤収開始!

息子君に指示を出し二人で協力して

CIMG2766.jpg

テントを裏返し 乾燥させ

CIMG2767.jpg

一気に撤収完了!

その後息子君のラジコンタイムです

充電不足で  すぐに終了してしまいました

今回はあいにくの曇り空でしたが

明るくなると気温もそこそこ上がり

快適なキャンプでした

出口に向かう途中にありました

CIMG2768.jpg

ミニバンガローです 大きな鳥小屋みたいです

CIMG2769.jpg

キャンプ場の管理人さんに挨拶をして

一路 長者原を目指します

途中で大きな野焼きを発見

CIMG2770.jpg

山火事にならないのでしょうか?

九重連山の硫黄山も見えました

CIMG2772.jpg

活火山です 煙がモクモクでてます

キャンプ場から20分ほどで長者原に着きました

駐車場にRVRを停めてタデ湿原に入ってみます

CIMG2773.jpg

思ったより広く広大な湿原でした

CIMG2774.jpg

季節柄 花は ありませんでした

途中の看板です

CIMG2775.jpg

やはり春夏秋に花が見れるそうです

ちょっと早かったようです

CIMG2776.jpg

案内の半分ほどで引き返して

自然を感じて いい空気をいただきました

出口に長者原ビジターセンターってのがありました

中に入ってみますと

CIMG2777.jpg

飯田高原と九重連山の模型がありました

ボタンを押すと説明が流れます

2つほどボタンを押して  飽きました

その後時間に余裕があったので

長者原を出て 飯田高原に行き

急に思いつきで 男池に行って見ることにしました

受付で一人100円を支払って入場です


途中の川のせせらぎです

CIMG2779.jpg

水が透き通ってます

有りました 

CIMG2780.jpg

湧水男池です ブルーな色です

底の方からコンコンと水が湧き出てます

飲んでみました 全く臭いのしない

美味しいお水です

男池のそばに看板があります

CIMG2783.jpg

反対方向に名水の滝と書いてます

行って見る事にしました

少し進むとまた看板が有ります

CIMG2789.jpg

ここは自然を手つかずのままにしてあるので

CIMG2790.jpg

いっさいの伐採や 花の持ち帰りが禁止と書いてます

滝の方へ進んで行きます

CIMG2781.jpg

倒木です 自然に倒れたのでしょうか

CIMG2782.jpg

大木です 樹齢 んっ百年?

さらに進むと スゴい木が有ります

CIMG2784.jpg

かなり大きな木ですが 裏側は

CIMG2786.jpg

omoinu3.jpg

エっ~! 岩を抱いてます

その側にもう一本 木があります

CIMG2787.jpg

なんじゃこりゃー 何コレ珍百景です

自然はスゴい!!

CIMG2788.jpg

キリンの木と名付けました

さらに滝の方へ進みますと

川沿いの小道です

CIMG2791.jpg

川の中は倒木で荒れ放題

このままでいいんでしょうか?

そして

CIMG2793.jpg

倒れたばかりの木に

CIMG2794.jpg

今から倒れるぞ~ な木です

その後も随分歩きまして

やっとたどり着きました

CIMG2795.jpg

名水の滝です

CIMG2796.jpg

滝に感動というより

途中の景色
に感動した散策でした


その後は帰路の途中の

町田バーネット牧場を目指しました

11時半ころ到着

せっかく来たので少し散策しました

地鶏の牧場です
CIMG2797.jpg

コッコ コッコ 行ってます

そして山羊の牧場

CIMG2799.jpg

ンッメエエエ~~~~~って行ってます

もうひとつ ウサギ小屋です

CIMG2801.jpg

なにも言いません 毛がフサフサしてそうです

そしてここに来た目的な

九重バーガーを買いました

CIMG2803.jpg

息子君は焼き肉バーガー

CIMG2802.jpg

私はステーキバーガーを買って

分け合って食べました

スゴいボリューミーです

お味は

お肉が柔らかくて 味付けもGOODで

超ー美味し!!
 でした


その後は玖珠経由で

途中 青の洞門の近くの

CIMG2804.jpg

宝来軒 洞門店に立ち寄りました

CIMG2805.jpg

ここはラーメンの他におでんやカレーもあるようでしたが

私たちはそれぞれ ラーメンを注文しましたが

バイトのおにいさん 無言で立ち去りです

暫くするとラーメンが来ましたが

CIMG2806.jpg

またもや無言でラーメンを置いていきました

お店の方の笑顔や心遣いも味のうちなんだけどな~

ココには多分もう来ません デス

その後京築アグリライン

反対方向から通って帰りました

16号から102号に入る目印

変なホテルの先を鋭角に左に曲がる所でした

その後 102号からアグリラインに入る目印

SUZUKIの販売店のあるT字路でした

ゴリラライトのおかげで 迷う事無く

無事に帰れました

タデ湿原と名水の滝散策で本日

ugokenai.jpeg

筋肉痛 Now です

泉水キャンプ場はまた行きたいキャンプ場です

京築アグリラインもとても気に入りました

チンサムポイントはそめちゃんの言う通り

2カ所あります 飛びます














人気ブログランキングへ



ganbatohoku.jpg
がんばれ東北


東北 北関東の方々頑張って下さい

自粛ムードが漂う中

テレビは通常の番組編成になりました

そうです 被害のないところでは通常の生活をして

元気をだしていかなければ

現地で復興に向けて いろいろな作業が

始まったようです

頑張って下さい

原発は長期化の発表がされました

なんとか無事に解決されるよう祈っております

絶対 日本は立ち直ると信じています

地震にあわれた皆様どうか頑張ってください

また御亡くなりになられた方々のご冥福を御祈りいたします

ganbare1.jpg










土曜日午後一時すぎ出発して

泉水キャンプ村に向かいました

都市高速長野経由で

行橋からみやこ町に入り

京築アグリライン
を通ってみました

耶馬渓の入り口の16号から212号

この16号に入る手前の102号

野生の鹿に遭遇しました

私の車を見て驚いて走って逃げて

途中 横のガードレールを乗り越えて

崖の下におっこちていきました

大丈夫だったでしょうか?


結局 耶馬渓までは

10号線を通るより 速いような気がしました

あとはいつも通りの28号→玖珠経由で

途中ローソン玖珠長野店で

翌朝のおにぎりやポテトサラダを購入し

387号で飯田高原へ

その後九重グリーンパーク 泉水キャンプ村

4時頃到着です

入り口で受付を済ませ(利用料2100円也)

大体目星をつけておいた

CIMG2735.jpg

奥まったバンガローの横

CIMG2736.jpg

草原に行くと 野焼き直後で地面は真っ黒

歩くとが 舞い上がります

CIMG2737.jpg
自然がいっぱい

そこで オートキャンプサイト


一番奥の炊事場の近くのサイトに RVRを停めて

まずは早速設営開始!

息子君に指示を出し二人で協力して

CIMG2738.jpg

テントタープを設営

ペグダウン息子君に任せて

私は燻製料理しこみをして

CIMG2728.jpg

食材の風乾です

CIMG2729.jpg

味付け卵にチーズ

CIMG2730.jpg

ちくわ

CIMG2731.jpg

はんぺんです

設営夕食の準備が大体出来たところで

本日のメインイベント 場内の温泉

CIMG2739.jpg

露天風呂


CIMG2740.jpg

入り口に 男ゆ 女ゆってかいてます

中に入ります

CIMG2741.jpg

湯船が塀をへだてて二つ

CIMG2744.jpg

左右
に有ります

脱衣所
温度表示がありました

CIMG2743.jpg
ピントがあいませんでした

43,2℃ と 44,2℃ です

熱い方でしたが

痛い熱さで5分と持ちませんでした

右の湯船でゆっくりと温まりました


ここは石鹸、シャンプーは有りませんので

持参が必要です

お風呂からあがって

タープ
に戻り 早速

プシュッ!!っと一杯!!!

幸な瞬間です

息子君はお茶で 乾杯しました

その後ボチボチ夕食を作りました

メニューは まずは牛鍋です

CIMG2747.jpg


牛肉と玉葱と豆腐
を煮込んだ

簡単 ウマウマ鍋です

さらにスパムのステーキ

CIMG2746.jpg

アメリカンな気分です

食事をしてると 日が暮れて

辺りは真っ暗です

さすが標高900mな高原

日が落ちると半端なく

さあみい~~~!!


ということで

CIMG2750.jpg

焚き火 焚き火
 で

暖をとりまして

今年お初な 「星を眺め炎と語る会」

開催中~!


って星は見えませんが、、

そこで急遽

「炎を眺め息子と語る会」変更しまして

先ほどの 燻製料理
CIMG2755.jpg

味付け卵にちくわ はんぺん チーズができあがりました

焚き火を囲み燻製をつまみ

CIMG2754.jpg

お酒も進みます

しかし燻製料理二人で半分程食べて

あとは食べきれずに朝食で食べよう

タープのテーブルの上に置いておきました

ちょっと不安がありましたが、、、

夜は更けて行き 気温もぐんぐん下がっていき

私は一人で再び温泉へ


CIMG2757.jpg
夜は10時まで入れます

今日はあいにくの曇り空でしたが

晴れてたら 満天の星空が見れたでしょうに、、

温泉まで坂道を5分ほど登って

お酒のせいで息があがりました

入浴後サイトに戻り

10時には テントの中のシュラフに潜り込ん

CIMG2759.jpg

二人で ポーカー
をしまして

焼酎も進み 11時には

息子君は就寝zzz

私は 肩肘をついたまま

ほぼ 気絶してました そうな

明日は自然観光と九重バーガーを食らうぜい!!


しかし 今回も朝一に事件が起きてました



つづく














人気ブログランキングへ



ganbatohoku.jpg

がんばれ東北


東北 北関東の方々頑張って下さい

コンビニは新商品の開発を見合わせてました

タバコも品薄状態

ペットボトルの原料も底を着きそうです

日本全体が影響を受けています

皆で辛抱しないといけません

しかし 4月の半ば頃には

回復するのではないでしょうか





救出や復興などにたずさわっている方々におかれましては 

困難で大変な作業ですが 頑張って下さい

原発は長期化の発表がされました

なんとか無事に解決されるよう祈っております

絶対 日本は立ち直ると信じています

地震にあわれた皆様どうか頑張ってください

また御亡くなりになられた方々のご冥福を御祈りいたします

ganbare1.jpg











こんな時ですが

急遽 決まった 息子君との

春キャンプ

今年の突発は ソロで志高湖を予定してたのですが

息子君とのキャンプの場合は 

時間制約等があるので

片道2時間程度の所で まだ行った事のない

キャンプ場を探して

リピーターが多いらしい


より大きな地図で 泉水キャンプ村 を表示
九重泉水キャンプ村へ行く事にしました

土曜の夕食はそこそこ質素にして

観光は 日曜日に長者原のタデ湿原を散策して

町田バーネット牧場で

kokonoebaga.jpg

九重バーガーを食らう 予定です

急遽決まったので

準備が 今晩大変です

なにせ 前回 道具をバラバラに

しまってあったので 全部整理しないと、、














人気ブログランキングへ



ganbatohoku.jpg
秋吉台オートキャンプ場二日目の朝です

一晩中積もったテントの上を滑る音がしてましたが

朝5時に目が覚めると

なんとか無事でした

しかし メッチャ寒いのに

トイレに行きたくなって

我慢しようと思ったのですが

やっぱ無理で テントの外にでて

タープ内の気温


CIMG2288.jpg

-5℃くらいです

震えながらタープの外にでますと 

CIMG2285.jpg

うお~ 吹雪
です

トイレまで1分程なのですが

CIMG2284.jpg

どんどん吹雪き強まってます!!

サイトに戻ると RVR 君

yukirvr.jpg


雪まみれです

こりゃー積雪じゃ~!やっほー

テントに入り

半端なくシュラフの寒いので

CIMG2272.jpg

電気ストーブのスイッチを入れて

再びシュラフに潜り込んで

みの虫君状態2度寝して

一時間程して 6時頃

気合いでシュラフから抜け出て

その後もう一気合いをいれて

テントからスクリーンタープに移動し

残ったで暖をとるため 点火

CIMG2252.jpg

いっきに室温が上昇し 快適 快適

薪ストーブってやっぱ凄いっす!




しばらく ボー っとしてると

息子君
も目が覚めたみたいなので

まずはお湯を沸かして起き抜けのコーヒーを入れまして

タープの中が温まってきたので 外に出てみますと

CIMG2289.jpg

白銀の世界なの♥

CIMG2291.jpg

広場も真っ白!

CIMG2292.jpg

スノーピーク アメドS
は無事でしたが

CIMG2290.jpg

RVR 君真っ白!!

息子君のイタズラで RVR 君

CIMG2293.jpg

ギャランドウー 2号

ってわけわかんねー


寒い 寒いとタープに戻り

朝飯のお米を磨いで

また ボー っとして

ここで痛恨のミスを犯してしまいました


なっなんと米磨いですぐ

水に浸して30分経たずに

鍋を炊いてしまった
のです

まっいいかって思ったのですが

出来上がってみると

やはり ベチャめしがあるご飯が、、、、

まずかったです 初めての ご飯炊き失敗です

昨晩に残ったシシャモシャウエッセン

ゆで卵をおかずに

しじみの味噌汁朝食を済ませまして

ちょっと片付けをして

広場で 息子君雪中サッカーで遊びまして

寒さとオイラの加齢で長時間は無理となり

そそくさ
と タープの中に避難

おき火にしてあったので

タープ
の中はぬくぬくでした

暫くすると 太陽が出て来て

気温も少し上がり

あっという間に は溶けてしまいまして

ちょっと残念ですが撤収には好都合です

しかもココはアウトが13:00なので 

ぼちぼち
撤収作業をし

CIMG2295.jpg

息子君テントのインナーを干して

CIMG2296.jpg

アウター
も干して

CIMG2294.jpg

オイラ
薪ストーブ解体作業です

CIMG2297.jpg

ある程度めどがついたところで

年賀状用
記念写真をとりました

akiyosi.jpg
息子君の方が背が高いっす

タイマーでパチリ

その後もゆっくりと撤収作業をして

来る時に場所をとっていた 

半分以上になってなくなりましたので

車内すっきりな 状態です

最後に薪ストーブスクリーンタープ

撤収して 11時にはキャンプ場をあとにして

一路 萩のしーまーと

CIMG2306.jpg

約1時間ほどで到着し 

お土産コーナー
娘ちゃん嫁さんへの

お土産を買って

場内の 浜料理がんがん へ

まっしぐらです 食べる物も既に決まってましたので

速攻注文
して 食べるのも速攻

気がついたらお写真撮って無く

CIMG2304.jpg

息子君が半分食べた 海鮮丼

CIMG2305.jpg

オイラが半分食べた シャケ親子丼です

分け合いながら ペロリといただきました

やっぱ美味いっす!!

その後 191号沿いを西へ走り

今度は 油谷湾温泉のホテル楊貴館へ移動です

は降ったり止んだりです

CIMG2307.jpg

約60分
で到着しました

CIMG2308.jpg

ここは海のすぐ側にあります

景色に期待が高まります

さっそく受付でお金を払います

ここの温泉は 立ち寄りで

大人一人1000円です たっけえ!

しかし昨晩からの冷えきった体

温泉がしみ込むように あっためてくれて

「最高ー!」


気持ちいいの極地です

しかも他のお客さんがいなく

CIMG2309.jpg

息子君と二人で貸し切りでした

お風呂からの眺めです

CIMG2310.jpg

CIMG2311.jpg

天気が良ければもっといいのですが

温泉を出たあとは 下道をトコトコ走り

小月インター
から高速に乗って

帰宅しました

今年の締めくくりなキャンプ

極寒ちょっと雪中キャンプでしたが

これなら 息子君

ずーっと
覚えていてくれる事でしょう

何年かして もし覚えていなかったら

papa4.jpeg


二度と連れていかないのだ!











人気ブログランキングへ


押してってね

じゃ